SHINCA(シンカ)オンラインストア|ジュエリー通販

ジャーナル

vol.8

ダイヤモンド、科学的に分けられた4つのタイプ

ダイヤモンドは一般的に「純粋な炭素のみの結晶」「単一の元素で構成された宝石」とされています。しかし実際には多くの天然ダイヤモンドは、地中奥深くで長い年月をかけて結晶化する過程で、他の元素などを取り込んで成長します。そのほとんどは、地球上に多く存在する元素である窒素です。

ダイヤモンドは、この窒素の有無によって2つのタイプに分けられ、さらにそれぞれ2種類、計4種類に分類されています。

窒素などを含むかどうかで分類

タイプI(天然ダイヤモンドでは一般的な、窒素を含むタイプワン)
I a・・・窒素原子が集合しているもの。無色から黄色系のダイヤモンドとなります。ほとんどの天然ダイヤモンドがこのI aとなります。
I b・・・窒素原子が単独、または散らばって存在しているもの。無色から濃い黄色や褐色系となります。

タイプII(窒素を含まないタイプツー)
II a・・・窒素やホウ素などの不純元素をほとんど含まないダイヤモンド。無色、褐色、ピンクが存在します。
II b・・・ホウ素を含むもの。電気を通す特異な性質を持ち、ファンシーブルーのダイヤモンドが有名です。

天然のタイプツーはわずか1〜2%

天然ダイヤモンドの98〜99%は、窒素を含むタイプIに分類されます。そしてわずか1〜2%、ごくまれに不純元素をほとんど含まないタイプIIの天然ダイヤモンドが存在。際立った透明感、美しさを持つとされています。特に大粒のものは希少で、海外の王室所蔵など歴史的、国際的に有名なダイヤモンドの中に、このタイプIIが見られます。

ラボ・グロウン ダイヤモンドの多くはタイプツー

上記のように、天然ダイヤモンドではタイプIIはごくわずか。一方、ラボ・グロウン ダイヤモンド(合成ダイヤモンド※以下省略)は無色の場合、そのほとんどが純粋な炭素のみのタイプIIaとなります。これは、完全にコントロールされた環境下で生成されるため、不純物を含まない状態で結晶化させることが可能だからです。

さらにラボ・グロウン ダイヤモンドは炭素以外の成分を調整しながら生成することで、カラーダイヤモンドを作り出すことができ、色と成分によって天然ダイヤモンドでは珍しいタイプI bやIIbとなります。天然に多いI aは、ラボ・グロウン ダイヤモンドには見られません。

ダイヤモンドの評価基準といえば4Cが有名ですが、天然ダイヤモンド、ラボ・グロウン ダイヤモンドともに見る楽しみ、選ぶ楽しみが広がる「タイプ」にも注目してみてはいかがでしょうか。

Share this article