SHINCA(シンカ)オンラインストア|ジュエリー通販

ダイヤモンドの選び方

How to Choose a Diamond

SHINCAのラボ・グロウン ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同様、それぞれ個別の特徴を持ち、二つとして同じものはありません。
ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出し、美しくクリアでシンプルなかがやきを放ちます。

ダイヤモンド 4C

ダイヤモンドの品質を評価する基準として、GIA(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた “4C”と呼ばれるCut(カット=輝き)、Carat(カラット=重さ)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)、この4つの要素のコンビネーションで評価することが広く知られています。

CUTカット

ダイアモンドの輝きを決めるカットは、プロポーション、ポリッシュ、シンメトリーの3つの要素を総合的に5段階で評価します。

Excellent | Very good | Good | Fair | Poor

CARATカラット

カラットはダイヤモンドの重さの単位で、1カラット(ct)は0.2gです。
一般的に、カラットが増すほど高価になりますが、ダイヤモンドの価値はカラットだけで決定されるわけではありません。

COLORカラー

最も希少なダイヤモンドは全くの無色のものです(「ピンク」「ブルー」「ブラウン」といったファンシーカラーを除く)。ダイヤモンドは、色の濃淡の微妙な違いにより、「無色」から「ライトイエロー」、「ライトブラウン」までグレーディングされ、 一般的に、D(無色透明)からZ(薄色)までのカラーグレードで評価されます。

Colorless|Near Colorless|Faint Yellow|Very Light Yellow|Light Yellow|Fancy Yellow

CLARITYクラリティ

専門家が10倍の拡大鏡で、ダイヤモンド内部の内包物やキズの状態をチェックします。何も見えないものから肉眼で見えるものまで、11段階に評価します。
光の通過を邪魔する内包物やキズが全く認められないものを最高の[FL]クラスとし、以下、内包物の内容により11段階に分かれます。

無傷|表面に微小な特徴|微小な内包物|ごくわずかな内包物|わずかな内包物|肉眼で発見できる内包物

ダイヤモンドのシェイプ

ROUND BRILLIANT CUT ラウンドブリリアントカット

多数あるダイヤモンドのカット方法の中でも、基本であり、代名詞とされる、ラウンドブリリアントカット。寸分の狂いのない完璧な対称性と美しい輝きは、群を抜いたクオリティを誇ります。

EMERALD CUTエメラルドカット

長方形にカットされ独特な輝きを放つエメラルドカットは、テーブル(上面)が大きく開放的なので、ダイヤモンドの透明感を楽しむことができます。スクエアなフォルムはスタイリッシュな印象で、人とは違うオシャレを楽しみたい方におすすめです。

オーバルカット

OVAL CUTオーバルカット

ラウンドブリリアントカットに近く、上品で華やかな輝きを誇るオーバルカット。楕円形であるオーバルを縦長にレイアウトすると、完全な丸形であるラウンドと比べ、指をより細く見せてくれる効果があります。

クッションカット

CUSHION CUTクッションカット

一世紀以上に渡って人気を誇る伝統的なカットで、ピローカットとも呼ばれています。丸い角と大きなテーブル(上面)がダイヤモンドの輝きを強調します。

ダイヤモンドグレーディングレポート・
鑑定書

中石に0.23ct以上のダイヤモンドを使用しているSHINCA製品につきましては、グレーディングレポート(鑑定書)をお付けします。

DIAMOND FOUNDRY社
グレーディングレポート
(鑑定書)

DIAMOND FOUNDRY
  1. CERTIFICATE NUMBER(鑑定書番号)
  2. Grading Date(鑑定日)
  3. Country of Origin(生産国)
  4. Shape and Style(カットの種類)
  5. Measurements(サイズ)
  6. ダイヤモンドグレード 4C 詳しくはこちら
  7. Carat Weight(重さ)
  8. Color Grade(色の等級)
  9. Clarity Grade(内包物の等級)
  10. Cut Grade(カットの総合等級)
  11. 追記事項
  12. Polish(研磨の等級)
  13. Symmetry(対称性)
  1. Fluorescence(蛍光性)
  2. Graded by(鑑定者)GIA GEMOLOGIST(GIA宝石鑑定士)
  3. ダイヤのプロポーション
  4. Depth(深さ)
  5. Crown Height(クラウンの高さ)
  6. Crown Angle(クラウンの角度)
  7. Pavilion Height(パビリオンの高さ)
  8. Pavilion Angle(パビリオンの角度)
  9. Table Dimeter(テーブル面)
  10. Girdle(ガードル)
  11. このダイヤモンドは、カリフォルニアにあるダイヤモンド ファウンドリーのラボで作られました。
説明図

DIAMOND FOUNDRY社は、この鑑定書において記載されている内容を保証します。

DIAMOND FOUNDRY社とは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコを本拠地として、ラボ・グロウン ダイヤモンドを製造・販売する会社です。
2012年の創設初期段階で数々の著名投資家が資金を提供しており、有名なハリウッドスターもそのうちの一人です。
> DIAMOND FOUNDRY 公式サイトを見る

IGI(International
Gemmological Institute)
グレーディングレポート(鑑定書)

IGI
  1. NUMBER(鑑定書番号)
  2. DESCRIPTION(種類)
  3. SHAPE AND CUT(カットの種類)
  4. CARAT WEIGHT(重さ)
  5. COLOR GRADE(色の等級)
  6. CLARITY GRADE(内包物の等級)
  7. CUT GRADE(カットの総合評価)
  8. POLISH(研磨の等級)
  9. SYMMETRY(対称性)
  1. Measurements(サイズ)
  2. Table Size(テーブルサイズ)
  3. Crown Height-Angle(クラウンの角度)
  4. Pavillion Depth-Angle(パビリオンの角度)
  5. Girdle Thickness(ガードル厚)
  6. Culet(キューレットの大きさ)
  7. Total Depth(深さ)
  8. FLUORESCENCE(蛍光性)
  9. COMMENTS(コメント)
説明図

International Gemmological Institute(IGI) 社とは アントワープ、ニューヨーク、香港など世界各国に事業所と事務所を持つ、この種の最大規模の組織です。ヨーロッパでは主流の鑑定機関で、厳しい国際基準に基づいて鑑定されます。

SARINE LIGHT サリネライト

中石に1.00ct以上のダイヤモンドが使われているSHINCA製品につきましては、すべてサリネ・テクノロジー社のサリネレポートをお付けします。サリネ・テクノロジー社はイスラエルに本社を置く、ダイヤモンド関連ハイテク機材の世界的トップ企業です。世界中の鑑定機関や研磨工場で大きなシェアを占め、世界中のダイヤモンドのほとんどは、同社のテクノロジーを使用してクオリティをチェックしています。

サリネレポート

サリネライト

サリネライトとは、反射光の動きや、ダイヤモンドから観察者の目に届く光を評価するものです。SHINCAでは、その評価を記載した「サリネレポート」、Web上で評価を確認できる「サリネプロファイル」をご利用いただけます。